外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 環境先進地域「関西」目指す 保全へ広域連合最終案

<<   作成日時 : 2011/12/21 18:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111220-00000029-kyt-l25

環境先進地域「関西」目指す 保全へ広域連合最終案
京都新聞 12月20日(火)22時9分配信

関西広域連合の「関西広域環境保全計画」の最終案が20日、大津市の県庁で開かれ有識者委員会で固まった。2030年ごろに環境先進地域「関西」を目指すとし、電気自動車の普及やバイオマス利用の促進、琵琶湖の魚に大きな被害を与えるカワウの広域保護管理に取り組むことなどを盛り込んだ。

委員会で指摘があった部分の表現を修正した上で、来年1月26日の広域連合委員会(知事会合)と3月に開催予定の連合議会に報告して最終決定する。

計画は、関西に集積した環境産業の潜在力を基盤に、各府県での先進事例を普及させながら、持続可能な社会を構築すると目標を掲げた。来年度から5年間で、地球温暖化対策、生態系保全、循環型社会づくり、水や土壌など生活環境の保全、環境学習の推進の各施策を進めるとした。

具体的には、本年度試行した「関西スタイルのエコポイント」事業の本格実施、電気自動車の普及を目指した充電インフラの通信ネットワークの共通化、木材を利用したバイオマスエネルギーなど再生可能エネルギーの導入促進を盛り込んだ。

府県を超えて分布・移動するカワウを関西全体でモニタリング調査する。生物多様性では博物館ネットワークを利用したデータベースを作成し、環境学習は幼児期から取り組めるように教育手法を研究するとしている。

広域環境保全局の滋賀県環境政策課は「計画によって関西独自の環境保全が進み、他の地域へ波及できるようにしたい」としている。
.最終更新:12月20日(火)23時9分

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
環境先進地域「関西」目指す 保全へ広域連合最終案 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる