外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 名産アユ消えた 四万十ピンチ「大量死したのでは」

<<   作成日時 : 2013/08/15 20:11   >>

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

猛暑で四万十川のアユがピンチです。

以下引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130815-00000028-spnannex-soci
名産アユ消えた 四万十ピンチ「大量死したのでは」
スポニチアネックス 8月15日(木)7時1分配信

四万十ピンチ「大量死したのでは」

日本列島は14日も厳しい暑さが続き、西日本を中心に35度以上の猛暑日は160地点に上った。12日に国内観測史上最高の気温41・0度を記録した高知県四万十市は38・6度。5日連続の40度超えはならなかったが、日本三大清流の一つで、市内を流れる四万十川は水温が上がり、水不足が深刻化。「日本一暑い町」で盛り上がる一方、漁業関係者らを悩ませている。

日本記録更新から2日。日本一暑い町を歩いてみた。気温が急激に上昇中の午後零時半すぎ、JR予土線江川崎駅に降りると、強烈な直射日光に肌が痛くなる。風もない。湿気もつらい。立っただけで汗が大量に流れ出す。サウナの中にいるようだ。

駅舎には「日本一暑い江川崎」の看板。1キロほど歩くと、四万十川の川岸に着いた。足だけ漬かってみようとはだしになると、川べりの石の熱さに思わず跳びはねてしまう。冷やそうと川に脚を入れると、ぬるい。ふだんは魚影が濃いといわれるアユは1匹も見つからない。

近くの農産物直販所「西土佐ふるさと市」に行くと、人垣ができていた。気温41度にちなんで100円から41円に値下げしたかき氷が飛ぶように売れている。名古屋市の会社員土居芳太さん(47)は「タイムリーだと思って来ました。名古屋も暑いけど、ここはもっと暑い」と長女(14)とめい(11)と一緒に氷を頬張った。直販所を運営する地元の西土佐商工会の武内淑さん(36)は盛況ぶりに目を細め「Tシャツやバッジを作って販売したい」。直販所を訪れる観光客は例年の5倍ほど多いという。

観光業で日本一効果が出た一方、連日の猛暑は漁業と農業を苦しめている。直販所の中脇健太郎さん(27)は「ここに出荷されてくる野菜の量が例年の7〜8割ほど。雨が降らないのと酷暑で野菜の出来が悪い。農家は今、大変です」と表情を曇らせる。

特に深刻なのは名産のアユの漁獲量。四万十川西部漁業協同組合の林大介部長(54)によると、13日に水温が32度を計測した上、晴天続きで川の水量が少ないのが原因。「アユが棲息できるのは30度。漁獲量は明らかに減っていて、大量死したのではないかと不安になる」と話す。15日には県の出先機関が川の潜水調査を行う。

夕方には前日13日に続き1時間ほど豪雨に見舞われたが「川の水温と水量が戻るほどの雨ではないはず」と林部長。「暑くて喜んでいるのは一部の人だけ。暑さで観光客が増えても、名産を失ったらどうしようもない」と切実に訴えた。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
名産アユ消えた 四万十ピンチ「大量死したのでは」 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる