外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都府、レッドリスト275種増加、11年ぶり改訂

<<   作成日時 : 2013/08/29 18:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

京都府のレッドリストが発表されました。


以下引用。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20130828000143

京都府、レッドリスト275種増加、11年ぶり改訂

京都府は28日、府内で絶滅したり、またはその恐れがある野生生物をまとめた府レッドリストを11年ぶりに改訂し、公表した。リストに掲載された生物は改訂前(1597種)より275種多い1872種に増え、うち絶滅の危険性が非常に高い「絶滅寸前種」は460種に上る。府は開発などに伴う生息環境の悪化に加え、シカによる食害や外来種の繁殖が影響していると分析し、「生物多様性の危機が一層進行している」と訴える。

レッドリストは府レッドデータブックの基となる資料。2002年6月の最初のレッドデータブック作成から10年以上経過したのを受け、11〜12年度に専門家約70人の協力で調査を行ってリストを改訂した。

リストは絶滅の危険度合いに応じ、絶滅種〜要注目種の5段階に分類。絶滅種は改訂前の100種から93種に減ったが、深泥池(京都市北区)に生息していたベッコウトンボなど14種が新たに絶滅を確認された。コガタノゲンゴロウなど絶滅種だった21種が今回の調査で再発見されたため絶滅種が減った。

一方、絶滅種に次ぐ「絶滅寸前種」は67種増えて460種に達し、比叡山などに生息するエイザンスミレも新たに加えた。続く「絶滅危惧種」も88種増の504種となり、かつては池や沼でよく見られたミズスマシも全国的に生息数が減り、追加された。

兵庫県豊岡市で人工繁殖し、放鳥されている国の特別天然記念物コウノトリは、12年から京丹後市で営巣を開始したため、絶滅危惧種として府のリストに初めて登録した。

府はリスト登録種の増加について、自然環境の変化や乱獲といった要因とともに、シカの食害や山の手入れ不足で森林の植生が荒れたことや、外来種のアライグマやブラックバスによる希少生物の捕食を挙げている。

改訂後のリストは府のホームページで公開している。府は今回のリスト改訂を受け、種ごとの状況を解説した新たなレッドデータブックも来年3月までに発行する。
【 2013年08月28日 23時00分 】

引用ここまで。

京都府のページはこちら
http://www.pref.kyoto.jp/kankyo/rdb/bio/index.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
京都府、レッドリスト275種増加、11年ぶり改訂 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる