外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 産卵期待、親アユ放流 安曇川で始まる

<<   作成日時 : 2013/10/01 01:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、琵琶湖へ行った時コアユの天麩羅の高値に驚きました。早く復活して欲しいものです、


以下引用。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20130830000030?fb_action_ids=299727923503130&fb_action_types=og.likes&fb_source=other_multiline&action_object_map=%7B%22299727923503130%22%3A702011219828744%7D&action_type_map=%7B%22299727923503130%22%3A%22og.likes%22%7D&action_ref_map=%5B%5D
産卵期待、親アユ放流 安曇川で始まる

琵琶湖産の産卵直前の親アユを放流する県の取り組みが29日、滋賀県高島市安曇川町北船木の安曇川人工河川で始まった。昨年秋の産卵数の激減を受け、今年は放流量を例年より5トン増やし計13トンを放す。9月5日まで毎日作業が続けられる。

アユの安定供給を目的に、1981年から毎年実施。県淡水養殖漁業協同組合に加盟の6業者が彦根市の養殖場で育てたアユを、県の委託を受けた県水産振興協会が放流した。

初日は2トン(約6万5千匹)が放された。体長15〜20センチに育った親アユがトラック2台で運び込まれ、荷台の水槽からホースを使って、水温15度に保たれた人工河川に勢いよく流された。アユは水面を飛び跳ねたり、群れをつくって泳ぎ回っていた。数日中に産卵、約10日でふ化し、体長5ミリほどに成長すると琵琶湖へ出る。

県水産課は、昨秋の産卵数激減の影響で、琵琶湖に現在生息するアユの数は例年の2割程度とみており、年間漁獲量も平成に入って最低となった2005年の390トンを今年はさらに下回ると予測。今後の産卵の状況次第では「追加放流も検討する」としている。
【 2013年08月30日 08時50分 】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
産卵期待、親アユ放流 安曇川で始まる 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる