外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS イバラトミヨ捕獲、またも1匹のみ 東根で再調査、推定数また算出できず

<<   作成日時 : 2013/10/30 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

イバラトミヨが心配です。

以下引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00000623-yamagata-l06
イバラトミヨ捕獲、またも1匹のみ 東根で再調査、推定数また算出できず
山形新聞 10月30日(水)7時7分配信

東根市大富地区の小見川に生息する希少淡水魚「イバラトミヨ特殊型」の推定個体数調査で、捕獲数が1匹のみだったことを受け、同市と県、住民団体などでつくる市「イバラトミヨ生息地」保存連絡協議会が29日までの2日間、再調査を行った。捕獲できたのは今回も1匹で、推定個体数を算出することができなかった。
8、9の両日に調査した県天然記念物指定区400メートル区間のうち、今回は上流部200メートル区間を対象とし、トラップ100個を28日に仕掛け、29日に引き上げた。その結果、前回捕獲できた場所とほぼ同じ位置のトラップにのみ体長約5センチのイバラトミヨ特殊型1匹が掛かった。ほかはウグイ、ドジョウ、アブラハヤが計36匹掛かっていた。

小見川と水路で結ばれた保全池にもトラップ20個を仕掛けたが、捕獲できたのはドジョウ、ウグイ計29匹だった。
 昨年の調査では、400メートル区間で46匹を捕獲し、今年5〜7月の1カ月ごとの営巣調査でも4〜7個の巣が確認された。今回は前回の推定個体数調査が例年より2週間ほど早かったことによる捕獲数への影響を考慮し、参考調査として行った。

同協議会事務局の市生涯学習課は「非常にショックな結果で、原因が分からない。関係機関と対応を検討する」と話している。
今回の結果について、同協議会顧問の高田啓介信州大理学部准教授は「個体数が減少傾向にあると思われる。生息環境を詳しく調べる必要がある」と指摘している。

イバラトミヨ特殊型はトミヨ属雄物型として、環境省レッドリストの「絶滅危惧IA類」に位置付けられている。
山形新聞社

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
イバラトミヨ捕獲、またも1匹のみ 東根で再調査、推定数また算出できず 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる