外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 亀岡のスタジアム建設:根本的見直し要望 自然保護協会、府と亀岡市に /京都

<<   作成日時 : 2014/02/08 01:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

これだけあちこちから叩かれてもまだ京都府と亀岡市はスタジアム建設に拘るんでしょうか?

以下引用。
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20140207ddlk26010492000c.html
亀岡のスタジアム建設:根本的見直し要望 自然保護協会、府と亀岡市に /京都
毎日新聞 2014年02月07日 地方版

府が亀岡市に計画している球技スタジアムをめぐり、公益財団法人「日本自然保護協会」(東京都)が6日、要望書を、府と亀岡市に郵送で提出した。予定地に生息する国の天然記念物の淡水魚「アユモドキ」が絶滅する恐れがあり、「拙速に都市計画手続きを進めようする姿勢は問題」として、計画の中断と根本的見直し、保全システム構築を求めている。

要望書では、アユモドキは生息地が国内で数カ所に限られ、種の保存法で「国内希少種」に指定されている、と意義付け。更に、計画での保全策の不確実性が日本生態学会などから指摘され、環境相からも府と亀岡市が設置した環境保全専門家会議の意見を保全措置に反映するよう求められている、などと主張する。

そのうえで、野生下での生息地保全の優先▽広域水系や地下水脈への影響予測の実施▽専門家会議の結果尊重▽都市計画手続き中断とスタジアム計画の根本的見直し▽将来にわたり持続的に保全できる社会的仕組み作り−−などを求めている。【藤田文亮】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
自然保護と言って開発をしないでは発展はない。アユモドキの絶滅を危惧して保護するならスタジアムを建設しても問題ない。アユモドキを自然界で保護しようとするから考えが硬くなって名案が出ないだけです。
アユモドキの保護なら公立の水族館で継続すれば済むことです。それでも不足なら愛好家に飼育してもらえばいい。愛好家ならいくらでも協力してくれますよ。
一般人
2014/02/08 10:37
そういう問題ではないでしょう。自然界で生息、繁殖できる水域自体が激減しているのが問題なのです。飼育環境下ではどうしても血が濃くなりがちですし。大体サッカー愛好家の方に意見を聞いてもあの場所にスタジアムは要らないって意見が多いですよ。
管理人
2014/02/08 11:54
>自然界で生息、繁殖できる水域自体が激減しているのが問題なのです。

そりゃあ人間が活動すれば自然が減るのは仕方ない事ですよ。琵琶湖もいい例でしょ。昔の琵琶湖と今の琵琶湖では生態系はまるで異なる。琵琶湖を戻すなんて言っても掛け声だけでしょ。もっと知恵を働かせなくては無理ですよ。それにスタジアム反対が多ければ計画は進まないでしょ。それが進んでいるのは賛成者が多いからでしょ。
一般人
2014/02/08 14:32
亀岡のスタジアム建設:根本的見直し要望 自然保護協会、府と亀岡市に /京都 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる