外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS イタセンパラ稚魚、9年ぶり確認…外来魚駆除で

<<   作成日時 : 2014/05/21 00:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

頑張って来た甲斐がありました。

以下引用。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20140519-OYT1T50110.html?from=ycont_top_txt
イタセンパラ稚魚、9年ぶり確認…外来魚駆除で
2014年05月20日 07時52分

絶滅危惧種で、国の天然記念物・イタセンパラの稚魚が今年春、かつて最大の生息地だった淀川の城北わんど群(大阪市旭区)で9年ぶりに確認された。

官民一体で取り組んだ外来魚の駆除などが功を奏したためで、関係者らは「淀川の豊かな自然を取り戻すきっかけにしたい」と意気込んでいる。

「家の近くで、こんな珍しい魚を見ることができて、うれしい」。11日に市民を対象に開かれた稚魚のお披露目会で、大阪市都島区の小学6年の男児(11)は目を輝かせた。

イタセンパラは淀川を代表する在来魚だったが、1970年代以降の河川改良などで激減。さらに、外来魚も増えたため、城北わんど群では2005年に506匹の稚魚を確認した後、姿を見なくなり、淀川全体でも絶滅に近い状態だ。

このため、国土交通省淀川河川事務所と大阪府立環境農林水産総合研究所は09、11の両年、淀川の非公開の場所に成魚を放流し、生息できるかどうかを調査。

市民団体などで構成する「淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワーク」も12年から毎月2回、城北わんど群で外来魚の駆除に乗り出した。外来魚がほとんどいなくなったため昨年秋、約500匹の成魚を放流したところ、今年春に約600匹が孵化ふかしたことを確認し、地元住民に公開した。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
イタセンパラ稚魚、9年ぶり確認…外来魚駆除で 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる