外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 滋賀銀が琵琶湖の生態系保全に寄付

<<   作成日時 : 2014/08/31 04:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ありがたいお話です。

以下引用。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140830/shg14083002190004-n1.htm
滋賀銀が琵琶湖の生態系保全に寄付
2014.8.30 02:19

琵琶湖の生態系保全に役立ててもらおうと、滋賀銀行は29日、琵琶湖固有種の淡水魚・ニゴロブナなどの放流事業を手がける県水産振興協会に170万円を寄付した。

滋賀銀は、琵琶湖の環境保全に貢献しようと平成19年度、「カーボンニュートラルローン未来よし」という名称の融資の取り扱いを開始。個人や企業がこの融資を利用して太陽光発電システムなどを導入した場合、削減されたと推計される二酸化炭素量を、EUの排出権取引価格を参考に金額換算。算出された金額分を銀行側が協会に寄付する仕組みを設けた。

県公館でこの日、大道良夫頭取が、同協会の田口宇一郎理事長に170万円の目録を手渡した。大道頭取が「琵琶湖の生態系を守っていってください」と話すと、田口理事長は「これからも放流を続け、ニゴロブナでつくったふなずしがみなさんの食卓に上るよう頑張っていきたい」と答えていた。

滋賀銀は協会の放流事業に対し、ニゴロブナについては平成19年度から、ワタカについては22年度から資金提供を続けている。いずれも絶滅の恐れが指摘されている魚種。滋賀銀の支援以降、これまでにニゴロブナ24万匹、ワタカ18万匹が放流された。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
滋賀銀が琵琶湖の生態系保全に寄付 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる