外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS ホンモロコ、川でも産卵 琵琶湖から遡上初確認

<<   作成日時 : 2014/09/06 00:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

私も春にホンモロコが大挙して流入河川に遡上しているのを目撃した事があります。

以下引用。
http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20140905000044
ホンモロコ、川でも産卵 琵琶湖から遡上初確認

2012年の調査以降も河川内での産卵が確認されている(今年4月、近江八幡市)=滋賀県水産試験場提供 琵琶湖の固有種のホンモロコが、沿岸部や接続水域の内湖だけでなく、内湖に流入する河川までさかのぼって産卵していることを、滋賀県水産試験場や県水産課などが近江八幡市の西の湖周辺の調査で初めて確認した。同試験場は「春先の河川は琵琶湖や内湖より水温が高く、早期の産卵や稚魚の成長につながる。琵琶湖の水位低下で卵が干上がる被害も少ない」とみて今後の資源回復に生かせる調査結果としている。

■高いふ化率、成長早く 西の湖周辺
産卵期の2012年3〜6月、西の湖に注ぐ山本川と蛇砂川の中・下流域などを調査し、2河川で3月下旬以降、小石の河床や、オオカナダモなどの水中の植物に産み付けられたホンモロコの卵を多数見つけた。山本川では産卵地で知られる大津市北西部や長浜市の琵琶湖沿岸部より2週間から1カ月早く産卵していた。

3月上旬〜4月上旬の2河川の水温は9・8〜15・4度と親魚が産卵を始めるとされる温度で、同時期の西の湖の水温(7・4〜14・1度)や、大津、長浜の琵琶湖沿岸部も上回った。親魚は産卵のため琵琶湖から西の湖に移動した後、それぞれの河川へ遡上(そじょう)し、他地域よりも早く産卵したとみられる。

2河川では雌より雄が多く、多数の雄が遡上する雌を追尾していた。雌は数回にわたり産卵する習性があり、河川と内湖を行き来していた可能性もある。同試験場の亀甲武志主査は「河川で早期に産卵することで稚魚が早く成長できる。外来魚などに捕食されないように回避する能力も高まり、生存につながっているのではないか」と話す。

琵琶湖岸や内湖では、ホンモロコが水深約数センチのヨシ帯やヤナギの根に産卵し、わずかな水位低下で卵が干上がることが指摘されている。山本川の産卵場所は水深25〜35センチで水位変動の影響が少なく、卵のふ化率も高いとみられている。

ホンモロコは味の良さから人気が高いが、約20年前から激減して12年漁獲量は14トンと最盛期の20分の1以下。環境省レッドリストで絶滅危惧種になっている。亀甲主査は「産卵場を守るためには、ホンモロコが琵琶湖と内湖、河川を行き来しやすい環境を維持することが必要だ」と指摘する。
【 2014年09月05日 10時01分 】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ホンモロコ、川でも産卵 琵琶湖から遡上初確認 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる