外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 日中台韓、ウナギ養殖稚魚2割減 乱獲防止へ初の合意

<<   作成日時 : 2014/09/18 01:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

果たしてどれほどの効果があるか?

以下引用。
http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014091701001575.html
日中台韓、ウナギ養殖稚魚2割減 乱獲防止へ初の合意

水産庁は17日、ニホンウナギの資源管理をめぐる中国、台湾、韓国との協議で、2014年11月〜15年10月の期間に養殖池に入れる稚魚の量を、前期に比べて2割削減することに合意したと発表した。養殖を制限し稚魚の乱獲防止につなげるのが狙いだ。ニホンウナギの資源管理に関する国際的な枠組みは初めて。

四つの国・地域は資源管理を効果的に実施するために、国際的な管理組織を設立することで一致。15年の早い段階に、法的拘束力のある枠組みを作るための協議を始めることも決めた。

今回の制限で出荷される親ウナギの量が減り、うな丼やかば焼きなどの価格が上がる恐れもありそうだ。
2014/09/17 19:53 【共同通信】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
日中台韓、ウナギ養殖稚魚2割減 乱獲防止へ初の合意 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる