外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 「長良川の鮎」現地視察 農水省

<<   作成日時 : 2014/10/02 04:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

河口堰の問題に全く触れていないのが気になります。

以下引用。
http://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/news/20140930-OYTNT50226.html?from=tw
「長良川の鮎」現地視察 農水省
2014年10月01日

「清流長良川の鮎あゆ」の世界農業遺産認定に向け、国内審査を行う農林水産省の専門家会議の委員らが30日、美濃市などで現地調査を行い、長良川などに放流する稚アユを育てる施設などを視察した。

世界農業遺産は、次世代に継承すべき伝統農法や農山漁村のシステムを、国連食糧農業機関(FAO)が認定する。県などは、長良川のアユ漁やアユと深く結びついた流域の文化の認定を目指しており、農水省に申請書を提出。9月8日、書類による国内審査の1次評価を通過した。

現地調査には、大学教授ら専門家会議のメンバー2人と農水省職員が参加。天然のアユから採取した卵を人工授精させ、長良川などに放流する稚アユを育成している財団法人「県魚苗センター」(美濃市)を訪れ、施設を見学した。説明にあたった舩木和茂事務局長は「環境に優しいアユを育成していることを理解してもらい、世界農業遺産に認定されれば、事業にも弾みがつく」と話した。調査は1日も行われる。

現地調査を踏まえた2次評価は10月20日に行われ、通過すればFAOに申請できる。
2014年10月01日

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「長良川の鮎」現地視察 農水省 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる