外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 栃木)ミヤコタナゴ、358匹の生息確認 矢板市の池

<<   作成日時 : 2014/10/19 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とりあえず貝に混入魚種はいなかった様で何よりです。あとはアメザリ何とかしてくださいな。

以下引用。
http://digital.asahi.com/articles/ASGBK5J3MGBKUUHB00W.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASGBK5J3MGBKUUHB00W
栃木)ミヤコタナゴ、358匹の生息確認 矢板市の池
人見正秋
2014年10月18日03時00分

矢板市山田の池で17日、国指定天然記念物の淡水魚「ミヤコタナゴ」の生息調査を兼ねた清掃作業が行われた。昨年より32匹多い358匹が確認され、5年連続の増加となった。

内訳はオス131匹、メス111匹、稚魚116匹だった。成魚はいずれも昨年より少なかったが、稚魚が40匹増えた。このほかミヤコタナゴが卵を産み付けるドブガイ68個(稚貝17)、ホトケドジョウ480匹、アメリカザリガニ614匹なども見つかった。

調査に加わった県水産試験場はミヤコタナゴの増加傾向について、「生息環境が良好に保たれていると考えられる」と分析した。

作業には山田ミヤコタナゴ保存会や行政の担当者、泉小学校5年の21人ら計58人が参加した。(人見正秋)

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
栃木)ミヤコタナゴ、358匹の生息確認 矢板市の池 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる