外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS ゼニタナゴ、雄物川で9年ぶり確認 大仙市の本流

<<   作成日時 : 2014/12/03 16:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小場所ではなく本流で確認というのが興味深いです。

以下引用。
http://www.sakigake.jp/p/akita/topics.jsp?kc=20141203i
ゼニタナゴ、雄物川で9年ぶり確認 大仙市の本流

国土交通省湯沢河川国道事務所は2日までに、秋田県大仙市の雄物川の本流で、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧1A類に分類されている淡水魚「ゼニタナゴ」の産卵を確認したと発表した。雄物川で生息が確認されたのは2005年以来、9年ぶり。

ゼニタナゴは現在、本県や岩手など東北の一部のため池などで確認されるにとどまっている。

同事務所は県立大学生物資源科学部の杉山秀樹客員教授の指導の下、大仙市の玉川合流点から横手市の皆瀬川合流点までの範囲で調査。9月に二枚貝(タガイ)10個を入れたプランター九つを4カ所に分けて設置したところ、11月5日、大仙市に置いたプランター内の1個に卵が産み付けられているのが確認された。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ゼニタナゴ、雄物川で9年ぶり確認 大仙市の本流 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる