外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 琵琶湖博物館、希少魚保護へ譲渡 京都の水族館や動物園に

<<   作成日時 : 2015/02/22 02:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いい事かもしれませんが琵琶博の水族展示の種類が少なくなったりする事はないいかな?

以下引用。
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20150218000083
琵琶湖博物館、希少魚保護へ譲渡 京都の水族館や動物園に

滋賀県立琵琶湖博物館(草津市)が希少な淡水魚の保存を目指し、京都水族館(京都市下京区)や京都市動物園(左京区)と連携を強めている。同博物館で育てているアユモドキなど絶滅危惧種を譲渡し、飼育の手法なども伝授。「絶滅を防ぐ最後のとりでとして、各施設に分散しながら守りたい」とする。

京都水族館への譲渡は昨年から始まり、▽地蔵川(米原市)産のハリヨ▽桂川(南丹市)産のアユモドキ▽滋賀で絶滅し大阪に生息するニッポンバラタナゴ▽京都で絶滅したミナミトミヨに近い種のムサシトミヨ−の4種を譲った。ニッポンバラタナゴはすでに展示、ほかの3種も公開が検討されている。

2012年開館の京都水族館から、希少種の保全に力を入れるためと要望されたのがきっかけだった。琵琶湖博物館の元飼育員で、写真家を経て現在は京都水族館に勤める関慎太郎さん(42)が仲介。博物館側も、絶滅のリスクを減らすため複数施設での飼育が必要と快諾した。

市動物園には、12年にイチモンジタナゴが移された。過去に動物園近くの平安神宮の池から琵琶湖博物館が譲り受けた魚の子孫で、新年度に完成する展示コーナー「京都の森」で公開される予定。

琵琶湖博物館の松田征也学芸員(54)は「他館はライバルでもあるが、多様な種を守るという目標は同じ。種の保存には、まず地域の方に知ってもらうことが大切で、展示施設の役割は大きい」と話す。
【 2015年02月18日 16時21分 】

引用ここまで。



【中古】 親子の美術館・博物館・水族館おもしろマップ?首都圏版 / マガジントップ [単行本]【あす楽対応】
もったいない本舗 楽天市場店
著者:マガジントップ出版社:日本出版社サイズ:単行本■通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではご

楽天市場 by 【中古】 親子の美術館・博物館・水族館おもしろマップ?首都圏版 / マガジントップ [単行本]【あす楽対応】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

授業で使える!博物館活用ガイド 博物館・動物園・水族館・植物園・科学館で科学的体験を
ぐるぐる王国 楽天市場店
国立科学博物館/編著本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名少年写

楽天市場 by 授業で使える!博物館活用ガイド 博物館・動物園・水族館・植物園・科学館で科学的体験を の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
琵琶湖博物館、希少魚保護へ譲渡 京都の水族館や動物園に 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる