外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS ウナギ稚魚、来期も池入れ制限 水産庁方針

<<   作成日時 : 2015/03/26 15:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

早く鰻丼が安心して食べられる日が来て欲しいです。

以下引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150326-00000029-at_s-l22
ウナギ稚魚、来期も池入れ制限 水産庁方針
@S[アットエス] by 静岡新聞 3月26日(木)12時6分配信

水産庁は25日までに、2016年のウナギ稚魚漁期(15年冬〜16年春)も、国内の稚魚「池入れ量」を制限して資源管理を続ける方針を固めた。資源保護のため初めて養殖量に上限を設けた今期(15年漁期)と同じ「14年漁期の実績の2割減」とする意向を業界団体に通知した。6月の中国、韓国、台湾との4カ国・地域協議に、日本案として提示する。

近年、稚魚の不漁が続いたことから、ニホンウナギの稚魚を採捕する4カ国・地域は昨年9月、15年漁期に養殖池に入れる稚魚の量を一律削減することで合意した。その結果、日本の今期池入れ量は21・6トンになった。しかし、今期も全体として稚魚漁は振るわず、国内養鰻業界からは池入れ量の削減幅拡大を懸念する声も出ている。

水産庁は池入れ上限の継続に加え、16年漁期からは、国内ウナギ養殖を許可制とし、国内資源管理体制をさらに強化する方針を打ち出している。
静岡新聞社

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ウナギ稚魚、来期も池入れ制限 水産庁方針 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる