外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS カワバタモロコ:絶滅危惧種の淡水魚 「ここで増えてね」 鳴門のため池、2100匹を試験放流 /徳島

<<   作成日時 : 2015/03/29 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

期待しております。

以下引用。
http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20150328ddlk36040684000c.html
カワバタモロコ:絶滅危惧種の淡水魚 「ここで増えてね」 鳴門のため池、2100匹を試験放流 /徳島
毎日新聞 2015年03月28日 地方版

国のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている小型の淡水魚カワバタモロコを保護する「増殖・放流連絡会議」が27日、繁殖させた成魚約2100匹を鳴門市大麻町のため池に試験放流した。連絡会議による放流は初めてで、繁殖させた個体が野外環境に適応できるか、自然繁殖できるかを今後確認する。

連絡会議は、県や日亜化学工業、徳島大など産官学の9団体。2007年に県が人工繁殖に成功し、現在、企業や小学校など5カ所で計2万匹以上にまで増殖させた。

27日は県職員や高校生ら約40人が、各飼育場から持ち寄った体長3〜4センチのカワバタモロコを次々と池に放流した。高校のクラブ活動で約1年間、飼育・繁殖してきた徳島科学技術高2年の藤村望さん(17)は「絶滅しないように、ここで繁殖して増えてほしい」と話していた。【阿部弘賢】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
カワバタモロコ:絶滅危惧種の淡水魚 「ここで増えてね」 鳴門のため池、2100匹を試験放流 /徳島 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる