外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アユモドキ保全に9368万円」 京都学園大が意識調査

<<   作成日時 : 2015/04/14 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何かこれスタジアム作成の正当化の為のアリバイ作りに利用されそうで嫌です。

以下引用。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150414000026
「アユモドキ保全に9368万円」 京都学園大が意識調査

京都府亀岡市民が、市内に生息する国の天然記念物アユモドキ保全のために支払う意思がある金額は、9368万円−。京都学園大の内藤登世一教授(環境資源経済学)が市民にアンケートしたところ、こんな結果が出た。内藤教授は「高いか低いかは人によって見方が分かれると思うが、保全に向けた議論の材料にしてほしい」としている。

■開発肯定51%、両立求める声
昨年9〜10月に、電話帳に掲載されている市民千人に調査票を郵送。163人の有効回答から、統計的に分析した。

その結果、アユモドキ1匹を守るために、4・95円の支払い意思が市民にあると出た。最低必要個体数とされる500匹を掛けると、1世帯当たり2475円、市全世帯で9368万円になったという。

意識調査では、アユモドキ保全に69%、河川の水質改善に94%、水田保全に83%の人が賛成と答えた。一方、開発を進めることに肯定的な人も51%いた。亀岡での居住歴が25年以上の人は開発に肯定的だが、それ以下は否定的だったという。

内藤教授は「環境と開発は相反するものだが、亀岡では両立を求める人が多かったのが興味深い。支払い意思の金額は回答者の属性や時代によって変わる。今後も調査を続けたい」としている。
【 2015年04月14日 09時49分 】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「アユモドキ保全に9368万円」 京都学園大が意識調査 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる