外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都水族館、京都を代表する天然記念物の「アユモドキ」が絶滅の危機 「守ろう アユモドキ!連携展示」を

<<   作成日時 : 2015/04/24 12:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

京都府や亀岡市が絡んでるせいでスタジアム建設の話題には一切触れないみたいですね。

以下引用。
http://digitalpr.jp/r/11323
京都水族館、京都を代表する天然記念物の「アユモドキ」が絶滅の危機 「守ろう アユモドキ!連携展示」を開催

展示を通して11施設が保全の重要性を呼びかけ

「京都水族館」(京都市下京区、館長:下村 実)は、11施設が連携して行う「守ろう アユモドキ!連携展示」プロジェクトに参加し、2015年4月24日(金)から絶滅危惧種で天然記念物の淡水魚「アユモドキ」の展示を「山紫水明ゾーン」にて開始しますのでお知らせします。

「アユモドキ」はドジョウ科の淡水魚で全長約10〜15cm、6本の口ヒゲと体のしま模様が特徴です。これまで水田やその周りの水路、河川などでごく普通に見ることができましたが、近年は護岸工事の影響などによる生息場所の環境悪化によって、すみかや産卵場所が減ったことや魚食性外来魚の侵入により激減し、今では京都府と岡山県の一部の河川でしか見ることができなくなっています。

今回京都水族館は、「アユモドキ」を絶滅の危機から守る取り組みを進めている「守ろう アユモドキ!連携展示」プロジェクトに参加し、京都にすむ「アユモドキ」の展示を通して身近にすむ希少淡水魚の保全の重要性を呼びかけます。また、展示をしながら飼育下で繁殖を目指し、種が途絶えないよう世代をつなぐ取り組みも行います。

この機会にぜひ希少な「アユモドキ」の姿をご覧ください。


「守ろう アユモドキ!連携展示」 ※展示期間は各施設により異なります。
【参加施設】大阪府立環境農林水産総合研究所水生生物センター、海遊館、亀岡市文化資料館、京都水族館、神戸市立須磨海浜水族園、滋賀県立琵琶湖博物館、志摩マリンランド、世界淡水魚園水族館、姫路市立水族館、宮津エネルギー研究所水族館、宮島水族館
【主催】守ろう アユモドキ!連携展示実行委員会
【共催】(公社)日本動物園水族館協会・生物多様性委員会
【協力】環境省近畿地方環境事務所
【後援】京都府・岡山市教育委員会


《施設概要》
施設名称 : 京都水族館

運営会社 : オリックス不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:松本 哲男)

運営業務受託会社 : オリックス水族館株式会社(本社:東京都港区、社長:三坂 伸也)

場所 : 京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)

営業時間 : 10:00〜20:00
※ただし、GW、夏休み、年末年始は変更あり
※入場受け付けは閉館の1時間前まで
※チケットおよび年間パスポートの購入・手続きの受け付けは閉館の1時間前まで
※気象状況および貸切営業等により営業時間を変更する場合あり

休館日 : なし(年中無休)
※施設点検、気象状況などで臨時休業あり

料金 (消費税込み) :
【個人のお客さま】
●一般料金
2,050円(大人)、1,550円(大学・高校生)、1,000円(中・小学生)、600円(幼児※3歳以上)
※中学生、高校生、大学生の方は、チケット売り場で生徒手帳をご提示ください。
※障がい者手帳をご提示の方とご同伴者(1名様)は、入場料金が一般料金の半額(一円単位は四捨五入)になります。

●年間パスポート
4,100円(大人) 、3,100円(大学・高校生)、2,000円(中・小学生)、1,200円(幼児※3歳以上)
※中学生、高校生、大学生の方は、チケット売り場で生徒手帳をご提示ください。
※障がい者手帳をご提示の方は、年会費が半額となります。

【団体のお客さま】
●一般団体(20名様以上)
1,850円(大人)、1,400円(大学・高校生)、900円(中・小学生)、540円(幼児※3歳以上)
※事前のご予約なく団体でご来館いただいた場合、一般の列にお並びいただくことや、  混雑状況によりご入場をお断りする場合があります。

●学校団体 ※引率の教員の方は無料(一部上限あり)
1,200円(保護者・高校生以上)、720円(中学生)、500円(小学生)、360円(園児※0歳から有料)
※学校の行事としてのご入場に際して適用をいたします。

アクセス :
<徒歩の方>
・「京都」駅中央口より西へ徒歩約15分
・JR山陰本線「丹波口」駅より南へ徒歩約15分
<バスをご利用の方>
・「京都」駅より、京都市バスで約8分「七条大宮・京都水族館前」停下車、京阪京都交通で約5分「七条大宮・京都水族館前」停下車、または西日本JRバスで約5分「七条大宮・京都水族館前」停下車
 土日祝は京都市バス「水族館シャトル」「水族館・東山ライン」「東寺・水族館・西本願寺EXPRESS」「岡崎・東山・梅小路Express」が運行(乗車時間約5分)
・阪急「大宮」駅より、京都市バスで約8分「七条大宮・京都水族館前」停下車
・阪急「桂」駅より、京阪京都交通で約16分「七条大宮・京都水族館前」停下車
・京阪「七条」駅より、京都市バスで約14分「七条大宮・京都水族館前」停下車
 土日祝は京都市バス「水族館・東山ライン」が運行(乗車時間約9分)
・地下鉄・JR「二条」駅より、京都市バスで約13分「七条大宮・京都水族館前」停下車

館内構成 : 京の川ゾーン、かいじゅうゾーン、ペンギンゾーン、大水槽、海洋ゾーン、交流プラザ、イルカスタジアム、山紫水明ゾーン、京の里山ゾーン

=========================================================================
<本件に関するお問い合わせ先>
京都水族館 広報室 蔵敷・楠・名倉
TEL:075-354-3116 FAX:075-354-3152 MAIL:press-kyoto@orix-aqua.co.jp
=========================================================================

※京都水族館はオリックスグループが運営する施設です。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
京都水族館、京都を代表する天然記念物の「アユモドキ」が絶滅の危機 「守ろう アユモドキ!連携展示」を 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる