外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 絶滅危惧種「カワバタモロコ」の観察会開催

<<   作成日時 : 2015/07/23 16:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いるところにはまだ沢山いるんですけどね、カワバタモロコ。

以下引用。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/211040
絶滅危惧種「カワバタモロコ」の観察会開催
2015年07月23日 12時09分

環境省や佐賀県のレッドリストで絶滅危惧種に指定されているコイ科の淡水魚「カワバタモロコ」の観察会が18日、白石町湯崎の水路であった。33人が網やわなで水中の生き物を捕まえ、繁殖期で黄金色の体をしたカワバタモロコを探した。

カワバタモロコは日本固有の淡水魚で、平野部の水の流れが緩やかな川や池に生息している。成魚で4センチほどで、かつて多く見られた佐賀市内からは、外来魚の繁殖とともにほとんど姿を消したという。

参加者は、カワバタモロコがいそうな水路に胴長を着て入り、約1時間半かけ捜索。メダカやヤゴなどとともにメス3匹を見つけた。「オスはもっと金ぴかなんだけど」と残念がりながらも、黄金色がかった姿を写真に収めていた。

観察会は佐賀自然史研究会が開催。担当した佐賀西高の矢川慎一郎教諭は「九州のカワバタモロコは、ほかの地域とは亜種レベルの違いがあるということもあり、とても貴重。生息環境も含めて保全を呼び掛けていきたい」と話していた。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
絶滅危惧種「カワバタモロコ」の観察会開催 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる