外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS アユモドキ絶滅危惧種に 京都の産卵地に球技場計画

<<   作成日時 : 2015/11/13 08:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

少々遅すぎた感もありますが。これが亀岡のスタジアム建設にどう影響するのか?

以下引用。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20151112000086
アユモドキ絶滅危惧種に 京都の産卵地に球技場計画
アユ似のドジョウ絶滅危惧種に

日本の固有種でアユに姿が似ていることから人気のあるドジョウの仲間、アユモドキを、国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧種に指定する見通しになったことが12日、関係者への取材で分かった。生息数が約800匹に減少したことなどが理由。

数少ない産卵地の一つ京都府亀岡市の河川や水田周辺では、球技場建設が計画されている。国際的な絶滅危惧種に指定されることで、国内外からの計画中止を求める声が高まる可能性がある。

アユモドキは京都府と岡山県だけに生息する体長15〜20センチのドジョウの仲間。一見アユに似ているためこの名前が付けられたが、ドジョウの特徴であるひげはある。
【 2015年11月12日 14時54分 】

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
アユモドキ絶滅危惧種に 京都の産卵地に球技場計画 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる