外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS クロメダカ:館林で無料配布 市民も繁殖に参加を 保存会 /群馬

<<   作成日時 : 2015/11/18 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まあ啓発目的というのはわかるんですが安易に他水域へ放流しない様にちゃんと指導はされてるんでしょうか?

以下引用。
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20151029ddlk10040289000c.html
クロメダカ:館林で無料配布 市民も繁殖に参加を 保存会 /群馬
毎日新聞 2015年10月29日 地方版

希少種となったクロメダカの無料配布会が28日、館林市役所近くであった。保存に取り組む「館林クロメダカの会」が市民にも繁殖に参加してもらおうと1999年に始めた。この日は会員が自宅で育てた3140匹が用意され、市民1人あたり10匹前後が配布された。

クロメダカは環境省のレッドデータブックで絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大している種)に指定されている極小型の淡水魚。沼や河川など水辺環境が豊かな館林市内でも環境の変化によって年々生息地域が減ってきた。現在は32人の会員が繁殖に努めている。

福島光男代表らによると、河川や水路の護岸整備が進んで産卵に適した場所が減少したのに加え、飼育放棄された外来種のメダカが放たれることで交雑が進んでいるのも懸念されるという。会場では根に卵を産み付けるためのホテイソウも無料で配布された。福島代表は「日本に昔からいるメダカ。かわいいんだよ」と話している。

配布開始の1時間半前に一番乗りした梅田和子さん(87)は自宅で三つの容器に分けて育て、約300匹まで増えたという。「ふ化した後、親魚に食べられないよう、稚魚を別の容器に移すのがたいへん。でも、楽しみなんだよね」と笑顔だった。【阿相久志】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
クロメダカ:館林で無料配布 市民も繁殖に参加を 保存会 /群馬 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる