外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 池の底からさい銭箱も...東京・井の頭公園で「かいぼり」

<<   作成日時 : 2015/11/21 02:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さい銭箱どこから持って来たんですかね?

以下引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151120-00000002-fnn-soci
池の底からさい銭箱も...東京・井の頭公園で「かいぼり」

フジテレビ系(FNN) 11月20日(金)19時44分配信
膨大な水を抜いて行われた公園の池の大掃除。とんでもないものが次々と出てきた。
20日、東京・武蔵野市の井の頭恩賜公園で、池の水を抜く「かいぼり」が始まった。

このかいぼりは、池の水質浄化と外来生物の駆除を目的としている。
池の底からは次々と自転車が出てきた。

そして、作業員が8人がかりで大きな鉄板が引き上げられた。
作業員は「100(kg)はありますね。大きい大型の冷蔵庫よりあると思いますよ」と語った。
さらに、さい銭箱まで出てきた。

井の頭公園では2014年1月以来、およそ2年ぶりとなる「かいぼり」。

20日に作業が行われたのは、弁天池と呼ばれる一角で、こちらの池の水を抜くのは実に28年ぶりのこと。
「かいぼり」は2014年も行われた。

近年、ブルーギルやブラックバスなどの外来生物が急増していて、2014年のかいぼりで捕獲された生物の9割が外来種だった。
さらに、池の底から出てきた自転車はおよそ230台。

中には、盗まれたものなのか、免許証が入ったままの定期入れもあった。
大正時代に開園した井の頭公園。
その池は、初めて江戸に引かれた水道、神田川上水の水源で、豊かな湧き水はきれいに澄んでいたという。

東京都西部公園緑地事務所の樋田博子管理課長は「井の頭公園は、自然豊かなことを評価されて、皆さまに愛されている公園ですので、こういう心ない行為は、ぜひやめていただきたい」と語った。

弁天池では、21日からボランティアが参加して、外来魚の駆除などが行われ、弁天池以外の池も、2016年1月から水を抜き始め、桜の季節までに池に水を戻す予定。.
最終更新:11月20日(金)19時44分

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
池の底からさい銭箱も...東京・井の頭公園で「かいぼり」 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる