外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 絶滅危惧種の魚が大量死 ムサシトミヨ430匹 熊谷市の保護施設

<<   作成日時 : 2015/11/10 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

原因は病気でしょうか?

以下引用。
http://www.sankei.com/affairs/news/151106/afr1511060009-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/151106/afr1511060009-n2.html
2015.11.6 08:10更新
絶滅危惧種の魚が大量死 ムサシトミヨ430匹 熊谷市の保護施設

埼玉県は5日、環境省のレッドリストで絶滅危惧IA類に指定されている淡水魚ムサシトミヨが、同県熊谷市の保護施設で大量死したと明らかにした。飼育していた約7千匹のうち約430匹が死んだ。

県によると、熊谷市ムサシトミヨ保護センターで5日午前9時ごろに職員が発見。21個の水槽に分けて飼育中のところ、うち10個にいた個体が死んでいた。4日午後4時ごろに池を見た際には変化はなかったという。簡易水質調査や施設内の水道管を調べたが異常はなかった。今後、薬物などの検査も実施する。

ムサシトミヨは、かつて埼玉や茨城、千葉各県などでみられたが減少し、野生では現在、埼玉県熊谷市の元荒川上流域でのみ生息が確認されている。体長は3〜5センチほどで、熊谷市などでつくる団体の平成22年度調査では、推計約22600匹が生息していた。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
絶滅危惧種の魚が大量死 ムサシトミヨ430匹 熊谷市の保護施設 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる