外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS <伊豆沼>バス侵入許さぬ ため池で駆除

<<   作成日時 : 2015/12/07 02:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

>駆除はことしで3回目

って事は密放流とのいたちごっこですね。負けないで下さい。

以下引用。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201512/20151206_15001.html
<伊豆沼>バス侵入許さぬ ため池で駆除

宮城県栗原市一迫柳目の農家らで組織する大館環境保全会は、県伊豆沼・内沼環境保全財団などの協力を受け、地元の「葉の木沢上ため池」で特定外来生物の魚オオクチバス(ブラックバス)を駆除した。川を介してバスが下流の伊豆沼へ侵入するのを防ぐ。保全会は「伊豆沼だけでなく、水系全体の生態系を守りたい」と話す。

池は幅約150メートル、奥行き約400メートルあり、最深約10メートル。池の水はあらかじめ2週間かけて抜いた。駆除は11月30日に行われ、保全会員や財団職員、栗原市築館の環境保全団体「ナマズのがっこう」のメンバーら23人が参加した。胴長姿の参加者は、ぬかるむ泥に脚を取られながら、タモ網を手に水たまりの魚を追い掛けた。

駆除されたバスは267匹。最大は生後約5年ほどで体長38センチだった。成長途上の個体が多く、放流後の年数はたっていないとみられる。在来種のコイやフナも約500キロ捕れた。

駆除はことしで3回目。保全会の佐藤則明代表は「バスが意外に少なくて幸いだった。あと1、2年たつと爆発的に増えるところだった」と胸をなで下ろした。かつては年齢問わず付近の住民が釣りをする憩いの池だったが、最近は小ブナが姿を消していたという。

保全会は近く、ため池の入り口にバス放流を禁止する看板などを設置する。

2015年12月06日日曜日

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
<伊豆沼>バス侵入許さぬ ため池で駆除 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる