外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS イトウ保護活動「オビラメの会」 日本ユネスコの未来遺産に選出

<<   作成日時 : 2015/12/22 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

琵琶湖を戻す会も将来選ばれるかな?w

以下引用。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0214514.html
イトウ保護活動「オビラメの会」 日本ユネスコの未来遺産に選出
12/18 16:00

【ニセコ】国の絶滅危惧種イトウの保護・繁殖を進めるオビラメの会が、日本ユネスコ協会連盟(東京)の「プロジェクト未来遺産2015」に本年度、道内で唯一選ばれた。国内最大の淡水魚を尻別川に復活させるため、環境教育に取り組む姿勢が評価された。

未来遺産は地域の文化や自然を残し、伝える活動を支援する目的で2009年に始まった。道内では4団体目の登録で、後志管内では初めて。応援金20万円が贈呈される。今年は全国から43件の応募があり、現地調査を経て、7日に5件の登録を決めた。

同会は1996年に尻別川流域の釣り愛好家らが結成し、ニセコ町に事務局を置く。稚魚の放流を進めるほか、小学生の観察会などにも協力。今年11月上旬には環境教育の拠点にするため、同町の有島記念公園内に、自由に見学できるイトウの養殖池(有島ポンド)をオープンさせた。

10月上旬に調査員2人が、イトウの自然繁殖が確認されている倶知安町内の尻別川支流や造成中の有島ポンドを視察し、同会の取り組みを高く評価した。

同会の吉岡俊彦事務局長は「大変名誉なことだ。イトウ保護の必要性を伝えていく上で大きな弾みになる」と話している。(生田憲)

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
イトウ保護活動「オビラメの会」 日本ユネスコの未来遺産に選出 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる