外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界最大級の淡水魚、在来種襲う…生息域拡大

<<   作成日時 : 2016/01/28 15:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ようやく特定外来指定ですか。

以下引用。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20160128-OYT1T50148.html
世界最大級の淡水魚、在来種襲う…生息域拡大
2016年01月28日 14時44分

体長が最大3メートルになる世界最大級の淡水魚・アリゲーターガーなど、ガー科の魚が生息域を拡大し、日本固有の在来魚を食い荒らす被害が深刻化している。

ペットとして飼われていた個体が放流されたとみられ、事態を重くみた環境省は近く、ガーを特定外来生物に指定し、輸入や飼育を禁止する方針を固めた。

ガーは肉食の淡水魚で、魚や鳥などを捕食している。スポッテッドガーなど7種類がいて、中でも北米原産のアリゲーターガーは、1990年代に観賞用として人気を集めた。

アリゲーターガーは、名前の通り、ワニのような大きな口と鋭い歯が特徴。成長が早く、ペットショップで販売されている時は体長15センチほどだが、1年で約50センチ、成魚は1〜3メートル、体重は50〜100キロになる。
2016年01月28日 14時44分

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
世界最大級の淡水魚、在来種襲う…生息域拡大 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる