外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS マスマス大きく、米原でビワマスの稚魚放流

<<   作成日時 : 2016/03/31 13:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まあ琵琶湖固有種だし激減していますから放流によって個体数を増やそうというのは仕方ないのかもしれませんが安直に子ども達を巻き込むのはちょっと......。

以下引用。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160328-OYO1T50000.html
マスマス大きく、米原でビワマスの稚魚放流
2016年03月28日

滋賀県米原市の天野川支流で27日、市民ら約100人がビワマスの稚魚約1万5000匹を放流した。

米原市の天野川ビワマス遡上そじょうプロジェクトの一環で4回目。放流したのは、近くの県醒井養鱒場で孵化ふかしたもののほか、市民らが昨秋のイベントで持ち帰った卵を自宅の冷蔵庫で孵化させた3〜5センチの稚魚。

天野川支流の同市上丹生の丹生川に集まった市民は、同市ビワマス応援大使を務めるお笑い芸人「ファミリーレストラン」の2人と一緒に、バケツ中の稚魚を丁寧に川に放った。子どもたちは「大きくなって帰ってきてね」と声をかけて元気に泳ぐ姿を見守っていた。放流後、参加者にはビワマスのあら汁が振る舞われた。

家族5人で参加した近くの会社員西木晶子さん(30)は「子どものころは、たくさんのホタルが舞い、魚釣りを楽しみました。その環境を子どもたちに取り戻してやりたい」と話していた。

稚魚は3〜5年後、35〜45センチに成長し、産卵のために川を遡上する。市ビワマス倶楽部によると、琵琶湖から約6キロ上流まで遡上する姿が確認されたという。
2016年03月28日

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
マスマス大きく、米原でビワマスの稚魚放流 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる