外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 外来魚釣り、名人認定 滋賀県、駆除促進へ段位

<<   作成日時 : 2016/04/05 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

レジャー対策室の新しい取り組みだそうですが日釣振に協力要請したら協力してくれるのでしょうか?w

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160403-00000026-kyt-sctch
外来魚釣り、名人認定 滋賀県、駆除促進へ段位
京都新聞 4月3日(日)23時0分配信

滋賀県は5月から、琵琶湖の外来魚を駆除する取り組みの一環として、年間で釣り上げた重さに応じて「名人」など階級を認定する「外来魚釣り上げ名人事業」を始める。個人の部は子どもも参加でき、多くの人に挑戦を呼び掛けている。

琵琶湖の外来魚は減少傾向にあるが、13年の推定生息量は916トン。県は駆除を目的にした釣り大会などを催してきたが、単発のイベントになりがちで、「継続的な活動を応援できる取り組みを」と発案した。

対象はブラックバスとブルーギルで、捕獲法は釣りに限る。個人の部と、チームで参加できる団体の部がある。参加希望者はまず県に登録し、回収用の袋や報告用紙を受け取る。挑戦は休日などいつでも可能で、釣った外来魚は湖岸に設置されている回収ボックスやいけすに入れる。釣り上げた重さと使ったボックスの番号を日ごとに記録し、毎月、県へ報告。県はボックス内の外来魚を定期的に回収しており、報告量と照らし合わせる。

初年度は5月1日〜12月31日に実施。個人の部の認定は、年間釣り上げ量が30〜60キロの「初段」から始まり、30キロ刻みで段が上がる。最高位の「名人」は年間300キロ以上。3年連続で名人となれば殿堂入りし、感謝状が送られる。県琵琶湖政策課は「名人はかなり高いハードルを設定した。いろんな年代の人に挑戦してほしい」としている。問い合わせは同課TEL077(528)3485。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
外来魚釣り、名人認定 滋賀県、駆除促進へ段位 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる