外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 「くさい」「高い」二重苦のふなずし、東南アジアに好感触…海外へ活路 滋賀県が本腰

<<   作成日時 : 2016/04/05 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

>「失神するほどくさい。ときには命の危険も」

いくらなんでもこりゃ大袈裟です。個人的には八丈島のくさやの方がずっと臭いと思います。

以下引用。
http://www.sankei.com/west/news/151204/wst1512040042-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/151204/wst1512040042-n2.html
「くさい」「高い」二重苦のふなずし、東南アジアに好感触…海外へ活路 滋賀県が本腰
.
「失神するほどくさい」とも称され、好き嫌いが分かれる滋賀特産の発酵食品「ふなずし」が、海外に飛躍しようとしている。滋賀県や県内の製造者が東南アジアでセールスに乗り出したところ、意外に好評だった。県はこれを受け、来年以降、トップセールスを行うなどして売り込み、本格的な輸出を目指す。

「食べやすい」「酸味があって酒のさかなにちょうどいい」。10月末、マレーシア・クアラルンプールで地元のバイヤーらを集めて開かれた県主催の商談会。ウナギの茶漬けなどとともに、人気を集めたのがふなずしだ。続くタイでの商談会でも好評だった。

これを受け、県は年明けにマレーシアやタイの旅行業者を招き、ふなずし作りの見学や試食を企画する予定だという。さらに来年度以降も東南アジアを軸に、ふなずしなどのトップセールスを検討。将来は、同じ発酵食品で独特のにおいを持つ製品もあるチーズになじむヨーロッパにも販路を拡大したい考えだ。

ふなずしは、主に琵琶湖の固有種「ニゴロブナ」を塩や飯などに漬け込んで発酵させた滋賀に伝わる伝統食。食べ物の臭さを5段階で評価する小泉武夫・東京農業大名誉教授(発酵学)の著書「くさい食べもの大全」(東京堂出版)では「失神するほどくさい。ときには命の危険も」とする五つ星を獲得している。

その独特のにおいと1匹数千円という値段の高さで、観光客からは敬遠されがちだ。県が3月に行ったアンケートでは「食べたことがある」と答えた人は首都圏で10・6%、京阪神で16・0%にとどまっている。

県主催の海外の商談会でも、ふなずしが提供されるのは初の試みだった。タイには淡水魚を塩に漬け込んだ「パー・ソム」というふなずしに似た食べ物があり、東南アジアでは調味料「ナンプラー」など発酵食品が日常的に食卓にのぼる。ひょっとしたらと、“冒険”を試みた結果の大当たり。県の担当者は「まさかここまで受けるとは」と驚く。

魚を塩と米飯で乳酸発酵させた、ふなずしを含む「なれずし」の発祥は東南アジアとされる。商談会に参加したふなずしの製造元「竜王ふなずし工房」(同県竜王町)の辻澤孝行さん(42)は「東南アジアへの進出は“里帰り”のようなもの。十分に通用すると思う」と話す。

輸出では輸送コストが上乗せされ、割高になるが、元から単価の高いふなずしにとっては、より付加価値の高い「高級品」として海外に売り出しやすい。

小泉名誉教授は「ふなずしは、チーズと同じ乳酸菌で発酵した『ジャパニーズ・チーズ』だ。ヨーロッパでも受けるだろうし、発酵文化のさかんな東南アジアでも受け入れられるだろう」と話している。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「くさい」「高い」二重苦のふなずし、東南アジアに好感触…海外へ活路 滋賀県が本腰 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる