外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS イワナやヤマメ「5匹まで」…開高健氏保護の湖

<<   作成日時 : 2016/05/10 19:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

はっきり言ってニジマスは不要です。「釣り人の論理」が優先されている限り未だにオオクチバスを公認している四湖と根本的に変わらないと思います。

以下引用。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160503-OYT1T50012.html
イワナやヤマメ「5匹まで」…開高健氏保護の湖
2016年05月03日 09時45分

奥只見湖(新潟県魚沼市、福島県檜枝岐村)に生息するイワナとヤマメ、ニジマスについて、魚沼漁業協同組合(同市)などは今シーズンから、合わせて5匹を超える捕獲を禁止する規則の適用を始めた。

かつて作家の開高健かいこうたけし氏(1930〜89年)が保護活動を推し進めた湖での新たな取り組みに、関係者は歓迎の声を上げている。

只見川をせき止めてできた奥只見湖は、総貯水量約6億トンで、人造湖としては国内2位の水量を誇る。湖底に木々が水没していて栄養が豊富で、50センチを超えるイワナが育つことでも有名だ。

釣り好きだった開高氏は、イワナの大物を狙ってたびたび同湖に釣りに訪れた。イワナが乱獲されるようになると、地元の釣り人らと75年に「奥只見の魚を育てる会」を発足させ、会長として稚魚の放流や禁漁などの保護活動に取り組んだ。開高氏の尽力で通年禁漁区に指定された北ノ又川の川岸には、開高氏の功績をたたえる石碑が立つ。

捕獲数の制限についても、同会が約30年前から漁業権を持つ魚沼漁協に訴えてきた。湖周辺の民宿なども歩調を合わせ、2003年には「奥只見旅館飲食店組合」の自主規制として、捕獲は5匹までとするルールを設けた。同組合は保護活動にも力を入れており、民宿の一つ「奥只見山荘」では、5年ほど前から釣り客と協力してイワナの稚魚を放流したり湖のごみ拾いを行ったりしているという。

同会や地元の長年の活動を受け、魚沼漁協などは今年1月に遊漁規則を改定。奥只見湖でイワナとヤマメ、ニジマスの捕獲数の上限を1人1日で計5匹とし、5匹を超える場合はその場で再放流するよう定めた。違反者は罰金などの処罰が科せられる場合がある。

奥只見湖ではイワナなどの釣りが4月21日に解禁され、新たな捕獲数制限を表示する看板などが湖畔に設置された。奥只見山荘の星隼人さん(39)は「安定して釣りを楽しめる環境をつくるため、数十年来の念願がかなった」と喜ぶ。湖面近くまで下りて釣りを楽しんでいた小千谷市の会社員(50)も「大きな魚を釣りたいので、『成長してから(釣り糸に)掛かってくれよ』と願いながら再放流している」と話していた。
2016年05月03日 09時45分

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
イワナやヤマメ「5匹まで」…開高健氏保護の湖 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる