外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 八郎湖の外来種、生態系にどう影響 大潟村で環境イベント

<<   作成日時 : 2016/06/27 02:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

少々古いニュースですが。

以下引用。
http://www.sakigake.jp/news/article/20160620AK0006/
八郎湖の外来種、生態系にどう影響 大潟村で環境イベント
2016年6月20日 掲載

ブラックバスなどの外来種が生態系や漁業に及ぼす影響について考えるイベントが19日、秋田県大潟村で開かれた。県内外から48人が参加。網での魚捕獲や講話を通して八郎湖を取り巻く環境に理解を深めた。NPO法人秋田水生生物保全協会(杉山秀樹理事長)の主催。

生物の捕獲は八郎湖西部承水路で行われ、胴長を着用した参加者が、手網や地引き網でフナやエビなどを捕まえた。事前に同協会が設置した刺し網にはコイのほか、全長45センチのオオクチバスが掛かった。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
八郎湖の外来種、生態系にどう影響 大潟村で環境イベント 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる