外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS メダカにそっくり、メダカの卵食べる外来魚確認

<<   作成日時 : 2016/07/25 19:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カダヤシの拡散要因は何なのでしょう?飼育個体の遺棄は考え難いですし。善意のメダカの放流に混入したのでしょうか?

以下引用。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20160716-OYT1T50089.html
メダカにそっくり、メダカの卵食べる外来魚確認
2016年07月17日 11時08分

特定外来生物に指定されている水生植物「オオカワヂシャ」と外来魚「カダヤシ」の生育・生息が6月に石川県内で確認された。

いずれも繁殖力が強く、在来種の生態系に影響を及ぼす可能性があるとして県は警戒を強めており、見つけた場合に連絡するよう求めている。

オオカワヂシャは伊久留川河床(中能登町)、手取川下流河川敷(白山市、川北町)、河北潟干拓地周辺(金沢市、かほく市、津幡町、内灘町)の7市町で確認された。生息域が在来種と競合し、県が絶滅危惧種に指定する在来種の「カワヂシャ」への影響も懸念されるという。自生地周辺の土にはたくさんの種子が含まれているため、生育範囲が広がらないよう、土の移動にも注意が必要という。

カダヤシは大聖寺川下流域の農業用水路(加賀市)などで発見。もともとは名前の通り蚊の幼虫を根絶やしにするとして各地で放流された。メダカと生息域が重なり、見た目もメダカに似ているが、尾びれが丸いのが特徴。メダカの卵や稚魚を食べるため、県自然環境課は「捕獲したらメダカなどの在来魚と区別してから駆除してほしい」としている。

発見した場合や問い合わせは同課(076・225・1476)まで。
2016年07月17日 11時08分

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
メダカにそっくり、メダカの卵食べる外来魚確認 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる