外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 粟野川を外来魚から守れ 下関・豊北で初のバス釣り大会

<<   作成日時 : 2016/07/30 03:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

川での駆除釣り大会は余程釣れる場所で無いと意味が無い様な気がします。あくまで啓発目的ですから漁師の方が投網で駆除して結果を見せるというやり方でも良いのでは?

以下引用。
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2016/0724/3p.html
粟野川を外来魚から守れ 下関・豊北で初のバス釣り大会

外来魚の駆除を目的に、「第1回粟野川ブラックバス釣り大会」が23日、下関市豊北町粟野の粟野川で開かれ、小、中、高校生を含む約20人が参加した。粟野川漁協(岩本憲慈組合長、約140人)の主催。

午前8時半に釣りをスタート。参加者はブラックバスがいそうなポイントを狙って移動し、釣り糸を垂らした。同町田耕の自営業の男性(61)が体長30センチ、260グラムのブラックバス1匹を釣り上げたほかは、釣果はなかった。
岩本組合長(72)は「暑かったので魚も茂みに隠れたのか1匹しか釣れなかったが、子どもも参加し、粟野川の生態系について理解を深めてくれたと思う」と話した。

同漁協は、アユを捕食するブラックバスを毎年夏に網で捕獲しているが、年々増加傾向にあるという。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
粟野川を外来魚から守れ 下関・豊北で初のバス釣り大会 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる