外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 「城北ワンド群で3年連続!稚魚を確認」淀川でのイタセンパラ野生復帰の取り組み

<<   作成日時 : 2016/08/02 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これはおめでたいニュース。

以下引用。
http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/kankyo/info/doc/2016072600015/
「城北ワンド群で3年連続!稚魚を確認」淀川でのイタセンパラ野生復帰の取り組み
2016年7月26日

平成25年10月に城北ワンド(大阪市旭区)でイタセンパラ(国指定の天然記念物、国内希少野生動植物種)を放流しました。そのひ孫世代に当たる第四世代の稚魚が、今春も577尾確認されました。また、放流したワンドでの個体数は、第二世代以降3年連続して安定して確認され野生復帰・定着が順調に進んでいます。

城北ワンドは大阪市旭区の淀川河川敷に位置し、かつてたくさんのイタセンパラが生息していた場所です。現在、淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワーク(イタセンネット)が中心となって「淀川にイタセンパラを!」を合言葉に、魚類調査やブラックバスなど外来魚の駆除、河川清掃等を行っています。

当研究所と国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所では、イタセンパラの野生復帰プロジェクトに共同で取り組んでいます。また、府民と協働した野生復帰の取り組みを成功させることで、府内における生物多様性保全活動が定着していくことが期待されます。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「城北ワンド群で3年連続!稚魚を確認」淀川でのイタセンパラ野生復帰の取り組み 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる