外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 『データで読む 沖縄の自然環境』  高橋哲朗 著  (沖縄探見社・1080円)

<<   作成日時 : 2016/10/24 03:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

嶋津さんはこの本の編集には関わっておられるのでしょうか?

以下引用。
http://www.nishinippon.co.jp/nlp/book_kyushu/article/280839
『データで読む 沖縄の自然環境』  高橋哲朗 著  (沖縄探見社・1080円)
2016年10月09日 14時41分

沖縄の自然環境の現状を簡潔にまとめたブックレット。本書によると、沖縄だけにしか生息しない生物は多いものの、開発や外来種の侵入、米軍基地に由来する有害物質などによって、生息域が縮小。絶滅危惧種のヤンバルクイナは1500羽、ノグチゲラは400羽程度しかいないという。国内最大規模のサンゴ礁も沿岸部の埋め立て、赤土の流出などによって打撃を受けている。沖縄では世界自然遺産登録を目指す動きが活発化しているが、その豊かな自然を後世に伝えるためには課題が山積していると分かる。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
『データで読む 沖縄の自然環境』  高橋哲朗 著  (沖縄探見社・1080円) 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる