外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島の芦田川で熱帯魚ピラニアが見つかる 放流か?河川国道事務所が注意呼びかけ

<<   作成日時 : 2016/10/25 13:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

グッピーだって定着している水域はあるんですからピラニアだって絶対越冬できないという保証はありません。

以下引用。
http://toyokeizai.net/articles/-/140895
広島の芦田川で熱帯魚ピラニアが見つかる 放流か?河川国道事務所が注意呼びかけ
日テレNEWS24
2016年10月18日
.
広島県福山市の川で、熱帯の肉食魚として知られるピラニアが捕獲されていたことがわかり、河川国道事務所が注意を呼びかけている。

ピラニアが見つかったのは広島県福山市の芦田川。福山河川国道事務所によると、五年に一度実施する国の河川調査の一環で今月13日に設置した網に、体長15センチのピラニア1匹がかかっているのが見つかった。国が管理する河川でピラニアが見つかったのは広島県内では初めて。

ピラニアは南米のアマゾン川などに住む肉食の淡水魚で、飼育されていたものが放流されたとみられている。水温が20℃を下回ると死んでしまうため、国内では冬を越せないとされている。しかし、鋭い歯を持ちかまれると危険なため、福山河川国道事務所は注意を呼びかけている。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
広島の芦田川で熱帯魚ピラニアが見つかる 放流か?河川国道事務所が注意呼びかけ 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる