外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 琵琶湖の生物多様性、保全訴え 滋賀で国際シンポ

<<   作成日時 : 2016/10/26 02:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

>今こそ『せっけん運動』以上の活動

以上と言うより多種多様な観点から数多くの活動を並行して進めてゆく必要があると感じます。

以下引用。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20161022000116
琵琶湖の生物多様性、保全訴え 滋賀で国際シンポ

滋賀県立琵琶湖博物館の開館20周年を記念した国際シンポジウム「古代湖の魅力」が22日、草津市下物町の同博物館であった。世界最古のバイカル湖や漁業が盛んなマラウイ湖と琵琶湖を比較しながら、多くの固有種が生息する琵琶湖の価値をあらためて見つめた。

バイカル博物館(ロシア)のウラジーミル・フィアルコフ館長が、約3千万年の歴史があるバイカル湖の生息生物について解説した。マラウイ大のボスコ・ルスワ准教授は、マラウイ湖には500〜800種の魚類がいることを紹介。人口の増加に伴い、乱獲などの問題が生じているとも報告した。

琵琶湖博物館のマーク・グライガー上席総括学芸員は「琵琶湖にいる無脊椎動物のうち81種が固有種である可能性がある」、京都大の渡辺勝敏准教授は「魚類のうちホンモロコなど15種が固有種」と研究を基に琵琶湖の多様性を伝えた。県水産試験場の元場長、藤岡康弘氏は琵琶湖の在来魚の半数に絶滅の恐れがあると指摘し「琵琶湖は世界遺産に値する。保全と回復に向け、今こそ『せっけん運動』以上の活動を進める必要がある」と訴えた。

シンポには約150人が参加。開館20周年を祝う記念式典も行われた。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
琵琶湖の生物多様性、保全訴え 滋賀で国際シンポ 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる