外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 美浜原発事故なら「琵琶湖の魚への影響、長期に」 滋賀県予測

<<   作成日時 : 2016/10/12 02:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

琵琶湖は生態系ピラミッドの頂点にいる魚種(外来魚)が最優占種という異常な状況になっていますからより影響は深刻になると思います。

以下引用。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20161005000184
美浜原発事故なら「琵琶湖の魚への影響、長期に」 滋賀県予測

滋賀県は5日、福井県の美浜原発で、福島第1原発事故と同規模の事故が起きた場合、琵琶湖の魚に最大で国の食品基準値の1・65倍に相当する放射性セシウムが蓄積されるとする予測結果を公表した。セシウム濃度は事故の約2年後にピークとなり、基準値以下となるまでに5年ほどかかる見込みという。県は「生態系への影響が長期間にわたることが示された」としている。

美浜原発で事故が起きた場合、北西の風が吹き、雨が降っている時に琵琶湖への影響が最も大きくなるとみられている。過去の気象観測結果から、この条件に合う2011年8月20日に事故が発生したと想定。環境省が福島県内の湖沼で実施している福島第1原発事故の影響調査結果と照らし合わせ、植物、動物両プランクトン、アユなどの「プランクトン食性魚」、フナなどの「雑食性魚」、オオクチバスやビワマスなどの「魚食性魚」の5種について、体内に蓄積される放射性セシウムの濃度を予測した。

その結果、プランクトンの蓄積濃度には大きな変化はなかったが、魚は事故から約1年後に数値が上昇。国の食品基準値100ベクレルを超えたのは、水中に浮遊する放射性セシウムとともに魚を捕食する魚で、雑食性魚は事故から約2年後に最大で102ベクレル、魚食性魚は最大165ベクレルに達した。プランクトン食性魚は最大で1キロ当たり13ベクレルだった。

その後は雑食性魚、魚食性魚とも、体内から排出されるなどしてゆるやかに濃度が低下。雑食性魚は半年ほどで基準値を下回るが、魚食性魚は事故から4年半を経ても120ベクレルほどまでしか下がらず、基準値を下回るまでに約5年が必要になることが分かった。

福島などでは、原発事故から5年半あまりを経た現在も一部の魚で出荷制限が続いている。県環境政策課は「生態系が放射能で汚染されれば、その影響は長期に及ぶ。実際の事故時には注意深くモニタリングを続ける必要がある」としている。
【 2016年10月05日 22時30分 】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
美浜原発事故なら「琵琶湖の魚への影響、長期に」 滋賀県予測 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる