外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 琵琶湖の漁業、公文書ずらり 滋賀県庁新館で企画展

<<   作成日時 : 2016/11/29 01:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これはちょっと見てみたいです。

以下引用。
http://www.sankei.com/region/news/161125/rgn1611250061-n1.html
2016.11.25 07:04更新
琵琶湖の漁業、公文書ずらり 滋賀県庁新館で企画展

滋賀県の漁業に関する公文書を紹介する企画展「湖に生きる人々と暮らし〜明治期の漁業〜」が、県庁新館3階の県政史料室で開かれている。来年1月26日まで。

琵琶湖での漁業は縄文時代に始まったとされ、平安時代に堅田(大津市)の漁師たちが漁場を拡大。明治時代には各地で養殖業も始まり、漁業に関するさまざまな公文書がやり取りされた。

同展では、明治から昭和にかけての漁業に関する公文書約15点を展示。このうち「漁具及び漁業方法書」は、昭和9年に愛知川上流漁業組合が専用漁業免許を申請した際の添付図。アユやマスなどを漁獲するために通年使用された「打網」が描かれている。

県民情報室の担当者は「資料を見ると、昔から人と琵琶湖のかかわりがあったことがよく分かる」と話している。

入場無料。閲覧は平日の午前9時〜午後5時。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
琵琶湖の漁業、公文書ずらり 滋賀県庁新館で企画展 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる