外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 生物調査・ごみ拾い 堀川の魅力アップを 松江 /島根

<<   作成日時 : 2016/12/16 04:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

魚類の外来種は確認できなかったって事でしょうか?

以下引用。
http://mainichi.jp/articles/20161208/ddl/k32/040/512000c
生物調査・ごみ拾い 堀川の魅力アップを 松江 /島根
毎日新聞2016年12月8日 地方版
島根県

県と松江市、ホシザキグリーン財団(出雲市)などでつくる「『汽水の松江堀川』魅力アップ協議会」は7日、松江城南側の水堀でミシシッピアカミミガメなど外来種と、シジミやメダカなど在来種の生息状況を確認したり、ごみ拾いをした。

この日は調査のために、ポンプで堀の水位が下げられ、約40人が網を使って水中生物を採取したり、捨てられた瓶などのごみを拾った。ごみは土のう袋32個分あったという。

調査では、体長約15〜25センチのミシシッピアカミミガメ11匹が捕獲されたほか、大型のヤマトシジミが約150個見つかった。ミナミメダカも200匹ほど捕まえた。外来種は持ち帰って、何を餌にしているかなどを調査する。

宍道湖自然館ゴビウスを運営するホシザキグリーン財団の岩城良行事務局長は「思った以上に在来種がいた。外来種は生命力が強いので、今のうちに対策を考え、堀川の観光アピールにつなげたい」と話した。【根岸愛実】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
生物調査・ごみ拾い 堀川の魅力アップを 松江 /島根 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる