外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 県環境審 「守る」「活かす」好循環を 琵琶湖再生案を答申 /滋賀

<<   作成日時 : 2016/12/06 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

>「これまでやってきたことを続けていくだけでは良くなっていかない」

確かにその通りですが世の中全てすぐ結果がでるものばかりとは限りません。何十年と地道な努力を続けて初めて結果がでる様なものあると思います。

以下引用。
http://mainichi.jp/articles/20161202/ddl/k25/010/467000c
県環境審 「守る」「活かす」好循環を 琵琶湖再生案を答申 /滋賀
毎日新聞2016年12月2日 地方版

県環境審議会の仁連孝昭会長らは1日、琵琶湖の保全と再生のため国が財政支援をする「琵琶湖保全再生法」で策定が決められている保全再生計画などの案を三日月大造知事に答申した。今年7月に県が県議会に示した素案とほぼ同じ内容で、今後、再び県議会に示して意見を聴いた後、来月下旬にもパブリックコメントを行う予定。

案は計画期間を2017年度からの4年間とし、水質汚濁防止など琵琶湖を「守る」取り組みと、エコツーリズムの推進など琵琶湖を「活(い)かす」取り組みを好循環させることなどを盛り込んだ。

また同時に答申した第7期琵琶湖水質保全計画案には、水質だけではなく生態系の保全を視野に入れ、水中の全有機炭素量(TOC)の計測を新たに始めることなどを盛り込んだ。

仁連会長は三日月知事に対し、「これまでやってきたことを続けていくだけでは良くなっていかない」と新たな取り組みの必要性を強調。主に再生計画案を審議してきた同審議会琵琶湖総合保全部会の西野麻知子部会長は「琵琶湖を知っていただくことが守ることにつながる。琵琶湖をどう活かすか、実際の施策の中で考えてほしい」と話した。【衛藤達生】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
県環境審 「守る」「活かす」好循環を 琵琶湖再生案を答申 /滋賀 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる