外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS サケ、真冬の千歳川を遡上 自然産卵の適地を探す

<<   作成日時 : 2017/01/13 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こういう話を聞くと早く千歳川からブラウントラウトやニジマスを排除すべきだと思います。

以下引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00010001-doshin-hok
サケ、真冬の千歳川を遡上 自然産卵の適地を探す
北海道新聞 1/10(火) 11:13配信

傷だらけの姿で
【千歳】支笏湖を源流とする千歳川の上流で、真冬の今もシロザケの遡上(そじょう)が続いている。水温は2度ほど。河畔に多くの雪が積もる中、傷だらけの体で自然産卵に適した湧き水のある場所を探している。

捕獲用の水車撤去後に上流へ

千歳川のシロザケは昨年8月下旬以降、千歳市街地の「インディアン水車」でふ化放流用に捕獲され、今季分の約16万5千匹に達した12月上旬に終了。水車が撤去されたため、それ以降、シロザケは約10キロ上流の水産研究・教育機構北海道区水産研究所千歳さけます事業所(同市蘭越)付近までさかのぼっている。

近年の研究で、水車撤去後の千歳川でこの時期に見られるサケの大半が、自然産卵で生まれた野生のサケであることが知られている。
最終更新:1/10(火) 11:13
北海道新聞

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
サケ、真冬の千歳川を遡上 自然産卵の適地を探す 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる