外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS ワカサギ釣りが旬、佐賀の新名物に ブラックバス減り、個体数増

<<   作成日時 : 2017/01/23 18:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

>外来種のブラックバスから在来種のハヤなどが捕食されるリスクを分散させるためだ

この場合のハヤってどの魚種の地方名でしょうか?関東ならウグイですけど。
外来魚の食害を防止する為に弾除けに他の外来種を放流するって一概に肯定も否定もできませんがどの様な結果が出るか静観するしかないですね。

以下引用。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/lifestyle/article/301707
ワカサギ釣りが旬、佐賀の新名物に ブラックバス減り、個体数増
2017年01月16日 17時00分

佐賀市の北山湖(北山ダム)で楽しめるワカサギ釣りが、新たな冬のレジャーとして注目されている。初心者でも手軽に釣ることができるとあって、休日は家族連れや若いカップルでにぎわっているという。釣り好きとしては見過ごせない。早速、車を走らせた。

同市三瀬村杠(ゆずりは)の貸しボート店「ボートハウスシノハラ」でさおと仕掛けを借り、湖へ出発したのは昨年12月下旬のこと。三瀬地区の46店舗でつくる「みつせ高原キャンペーン実行委員会」事務局の市職員、佐保昌俊さん(36)に、特別に案内をお願いした。

高ぶる気持ちを抑えて深呼吸。緑に囲まれ澄んだ空気がおいしい。ワカサギは複数の針を連ねた仕掛けで釣る。餌はハエの幼虫。仕掛けを湖底まで落とし、さおを上下させて誘う。先がピクピクと震えたら魚が餌に食いついた合図だ。

佐保さんによると、水が澄み、風が穏やかな日が釣りに適しているという。魚が餌を見つけやすいからだ。この日はあいにく、小雨で強風の悪条件。ボートが揺れて魚の当たりを取りづらく、苦戦した。

寒さに耐えつつ、さお先に精神を集中。わずかに震えている。慌ててリールを巻き上げると約10センチのワカサギが姿を見せた。佐保さんに「センスがいいですね」と持ち上げられ、小さくガッツポーズ。約2時間で最大15センチを筆頭とする52匹の釣果。1日で約400匹釣るつわものもいるという。

自宅で天ぷらにして、おいしくいただいた。1〜2月中旬の産卵前が旬で、さらに脂が乗るらしい。釣りは2月末まで楽しめる。

貸しボート店や佐賀市などでつくる「北山湖環境保全及び安全対策会」は20年以上前から毎年、ワカサギの卵約1200万粒を放流している。外来種のブラックバスから在来種のハヤなどが捕食されるリスクを分散させるためだ。ワカサギはふ化後1年で5〜6センチ、2年後には10センチほどになるという。

北山湖は九州有数のブラックバス釣りの名所だった。生態系への悪影響が指摘される外来種で、佐賀県内でもブラックバスの移動や再放流は規制されているが、北山湖はキャッチ・アンド・リリースが認められた人気スポットだった。

近年は生息数が減少して愛好家も離れる一方、逆にワカサギは増加。ここに目を付けた「みつせ高原キャンペーン実行委」と貸しボート店は、釣り客の減少を補うため、2014年から本格的にワカサギ釣りのPRを始めた。

佐賀市内の釣具店に協力を依頼。釣り教室の開催やポスター、ブログで認知度アップを目指した。ワカサギ釣りは山口県下関市の豊田湖、熊本県菊池市の竜門ダムで盛んだが、北山湖の知名度も徐々に高まり、福岡、長崎、熊本から客が訪れるようになった。

ボートハウスシノハラの店主、篠原清彦さん(65)によると、14年の1日当たりの利用客は最大20〜30人。今では多い日で100人ほど来るようになった。

「マスコミやインターネットで頻繁に取り上げられるようになり、ブームが来た」と話す佐保さんは、冬の三瀬観光の“起爆剤”になればと願っている。春は山菜や新緑、夏はブルーベリー園やバーベキュー、秋はリンゴ狩りやクリ拾い。しかし、冬は核となる観光資源がなかった。佐保さんは「釣りの帰りに市内の温泉や直売所にも寄ってもらえれば、楽しみも2倍、3倍。若い世代に定着すれば安定した集客につながる」と期待を込めた。

問い合わせはボートハウスシノハラ=0952(56)2062、フィッシングセンターうおまん=0952(56)2345。

=2017/01/16付 西日本新聞夕刊=

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ワカサギ釣りが旬、佐賀の新名物に ブラックバス減り、個体数増 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる