外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 三重・紀宝町「なれずし」で豪雨被害からの復興をPR

<<   作成日時 : 2017/02/16 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ところでなんの魚を使ったんでしょうか?

名古屋テレビ 東海地方ニュースより以下引用。

三重・紀宝町「なれずし」で豪雨被害からの復興をPR

三重県紀宝町で郷土料理の「なれずし」をふるまうイベントが行われました。

このイベントは、2011年9月の紀伊半島豪雨で大きな被害をうけた紀宝町の浅里地区の復興が進んでいる元気な姿を知ってもらおうと、3年前から行われているもので、郷土料理の「なれずし」600人分がふるまわれました。「なれずし」は魚を塩と米で発酵させた昔ながらの保存食で、訪れた人は地元のお年寄りが1カ月かけて仕込んだ「なれずし」の味を楽しんでいました。「なれずし」は独特な酸味と香りが特徴ですが、一度食べた人は「また食べたい」とくせになるということです。

更新時間:2017年1月29日 17:40

引用ここまで。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
三重・紀宝町「なれずし」で豪雨被害からの復興をPR 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる