外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 琵琶湖岸にオープンカフェもOK 滋賀県、許可基準改正へ

<<   作成日時 : 2017/02/25 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

はっきり言って私は反対です。湖岸にゴミが増えるのは目に見えていますしバスボート屋が便乗利用させろと言ってくるのが目に見えていますから。

以下引用。

http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20170214000166
琵琶湖岸にオープンカフェもOK 滋賀県、許可基準改正へ

滋賀県は14日、琵琶湖岸にオープンカフェなどの商業施設を設けられるように、琵琶湖の占用許可基準を改正する方針を明らかにした。水辺空間を生かした街の活性化を検討する大津市などの要望を受け、今年4月からの新基準適用を目指す。

愛荘町で開かれた県内市町の首長会議で三日月大造知事が説明した。

河川敷地内の商業利用は、国が2011年度に許可基準を改正し、新たに飲食店や川床などを許可できるようにした。大阪府が道頓堀川にカフェを設けるなど各地で水辺の活用が広がっている。河川とみなされる琵琶湖についても、大津市と守山市が県に基準の見直しを要望していた。

県は、国に沿った形で基準を改正する方針。地元市町などが認めた民間事業者も営業活動が行えるようにする。湖岸にレストランやカフェの開設を検討する大津市の越直美市長は「ぜひ進めてほしい。大津市は来年度にも具体的な場所などを決めていきたい」とし、速やかな改正を求めた。

ただ、県担当課は基準改正後も治水や景観の面から、湖岸への建物の建設で許可を得るのは難しいと指摘。屋台や移動式の店舗などの利用が現実的とみられ、他の市長からは「自然を残すルールもいる」など慎重意見もあった。

守山市の宮本和宏市長は「湖岸でグランピング(豪華なキャンプ)ができないかという要望もある。柔軟な運用をお願いしたい」と県に求めた。
【 2017年02月14日 22時57分 】

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
琵琶湖岸にオープンカフェもOK 滋賀県、許可基準改正へ 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる