外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 琵琶湖のハス、「再生」へ移植 草津、新たな見どころに

<<   作成日時 : 2017/03/19 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

果たして外来種をそこまでして復活させる必要があるのでしょうか?まあオオバナミズキンバイに埋め尽くされるよりはマシかもしれませんが。

以下引用。
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20170304/CK2017030402000014.html
琵琶湖のハス、「再生」へ移植 草津、新たな見どころに

“消えたハス”を園内に再生しよう−。草津市の水生植物公園みずの森は、園内の池にハスを移植する「ハス百鉢プロジェクト」を四月から始める。年間を通じてハスに関するイベントを開催する予定で、活動への参加者計百人を募集している。

みずの森に隣接する烏丸半島の琵琶湖畔には、十三ヘクタールのハス群生地があった。しかし昨年、四十年以上にわたって積み重なった葉や茎が土中の酸欠状態を引き起こしたことが原因で、ハスが湖面にほとんど姿を見せなくなった。

群生地が今夏、元の姿に戻る可能性は低い。みずの森では新たな見どころをつくろうと、園内の広さ七百三十平方メートルの池にハスを植えることにした。作業は四月二十三日に実施し、参加者が鉢に一つずつレンコンを植え付ける。その後、職員が鉢ごと池に沈め、七月中旬の開花を目指す。

百鉢のほか、国内外で植物を探す「プラントハンター」として知られる西畠清順さんが、珍しい品種を提供する予定という。みずの森の担当者は「作業を通じて、ハスを身近に感じてもらえれば」と話している。
(鈴木啓紀)

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
琵琶湖のハス、「再生」へ移植 草津、新たな見どころに 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる