外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 大田原でミヤコタナゴ生息調査 産卵用貝の成長確認 栃木

<<   作成日時 : 2017/03/23 04:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

心配なのは貝の中に変なオマケが入っていないかという事なんですが。

以下引用。
http://www.sankei.com/life/news/170227/lif1702270035-n1.html
2017.2.27 12:23更新
大田原でミヤコタナゴ生息調査 産卵用貝の成長確認 栃木

絶滅が危惧される国の天然記念物の淡水魚「ミヤコタナゴ」の保護区になっている大田原市羽田の水路で生息状況が調査された。ミヤコタナゴは捕獲できなかったが、ミヤコタナゴが産卵する二枚貝の調査では平成26年7月に導入されたマツカサガイの稚貝2個が見つかった。

水路にプラスチック製のわな12個を沈め、約1時間後に引き上げたが、見つかったのはタモロコ26匹とメダカ1匹だった。

調査には環境省、県、市教育員会、地元保存会の関係者ら22人が参加。調査結果について、同省関東地方環境事務所は「ミヤコタナゴは寒さで動きが活発でなく、捕獲できなかったが、稚貝が水路で成長していることが確認できた。今後も再導入に向けた取り組みを進めたい」とした。保護増殖事業の一環で水路の補修や泥上げも行われた。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
大田原でミヤコタナゴ生息調査 産卵用貝の成長確認 栃木 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる