外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS ハス「復活」へ始動 草津の烏丸半島、120鉢に植え付け 滋賀

<<   作成日時 : 2017/07/13 15:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

別に移入種だしそこまでして復活させる必要があるんですかね?

以下引用。
http://www.sankei.com/region/news/170426/rgn1704260060-n1.html
2017.4.26 07:08更新
ハス「復活」へ始動 草津の烏丸半島、120鉢に植え付け 滋賀

国内最大級の群生地として知られていながら、昨年にほぼ消滅した烏丸半島(草津市)のハスの“復活”に、市民の力をかりようと、同市立水生植物公園みずの森(同市下物町)で、「ハス100鉢プロジェクト」が始動。初日の23日には、100人あまりが参加して、120鉢にハス(レンコン)を植え付けた。

同公園の隣にあるハス群生地は約13ヘクタールの広さで、甲子園球場のグラウンドの約10倍。毎年、多くの観光客が訪れていたが、昨年はほぼ消滅。県や市などの調査で、ハスが増えすぎたことによる土壌の酸欠が原因と分かったが、元の状態に戻すには、時間がかかる見通しとなった。

そこで同園が始めたのが、市民らにハスの植え付けを行ってもらう「ハス100鉢プロジェクト」。3月1日から募集したところ、わずか5日で100人の定員が満員になり、参加者を116人に拡大した。

23日には、そのうち102人が同園を訪れ、根気よく土をこね、レンコンを植え付けた。約60種類のハスを植え付け、今後は同園の職員らが手入れし、7月下旬には白やピンク、黄色の花が咲く予定。

守山市の自営業、須藤恵津子さん(42)は「毎年見ていたハスがなくなってショックを受けたので、ぜひ参加したいと応募した。無事に咲いてほしい」と話していた。

引用ここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ハス「復活」へ始動 草津の烏丸半島、120鉢に植え付け 滋賀 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる