外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 生物進化の解明へ協定 琵琶湖博と韓国の生物資源館

<<   作成日時 : 2017/08/03 03:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて噂によるとお隣の国でもバスやギルは問題になりつつある様です。

以下引用。
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20170502000137
生物進化の解明へ協定 琵琶湖博と韓国の生物資源館

滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)は2日、韓国の国立洛東江生物資源館と協力協定を結んだと発表した。同博物館は「琵琶湖を含む東アジアの生物の進化を明らかにしていきたい」としている。

洛東江生物資源館は2015年に設立。韓国最長の河川である洛東江(延長525キロ)を中心に、淡水生物の多様性の解明や保全、研究に取り組む。また、併設する博物館で展示や学習プログラムを行っている。

琵琶湖博物館が海外の研究施設と協定を結ぶのは6カ所目。4月21日に同博物館の篠原徹館長が同資源館の安永熙(アンヨンヒ)館長と調印式に臨んだ。今後は研究や学芸員の人材交流などで相互協力していくといい、同博物館は「将来的には展示などでも連携できれば」としている。

【 2017年05月02日 22時00分 】

引用ここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
生物進化の解明へ協定 琵琶湖博と韓国の生物資源館 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる