外来魚問題関連情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 「議員の権限を逸脱」北口議員に対し監査が指摘

<<   作成日時 : 2017/11/15 01:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

内容が明確にされないのは問題かもしれませんが必要性については「江津湖地域における特定外来生物等による生態系等に係る被害の防止に関する条例」が制定されている以上明白だと思うのですが。

以下引用。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000004-rkkv-l43
「議員の権限を逸脱」北口議員に対し監査が指摘
11/7(火) 23:10配信
RKK熊本放送

熊本市が江津湖の外来魚駆除費として熊本市漁協に支出した610万円あまりについて、外部監査にあたった弁護士は「支出はいずれも不適正、不適切で漁協組合長の北口和皇議員による事業の働きかけは議員としての立場、権限を逸脱している」と指摘しました。

「委託業務にせよ補助業務にせよまず必要性というのがある。そういうのがされてないということは、北口さんがやれと言ったこと以外には説明できない」(熊本市個別外部監査人 竹中潮弁護士)

監査結果は熊本市の植松浩二副市長と市議会に報告されたものです。この外部監査では2012年度から4年間の江津湖の外来魚駆除事業について報告書などを調べるとともに当時の市の担当職員9人から聞き取りを行いました。その結果、事業の必要性や内容が明確にされないまま熊本市漁協とのあいだで業務委託契約が結ばれていて、事業内容を確認せずに支払いが行われたことは地方自治法に違反し、不適正であると指摘しました。監査を行った竹中弁護士によりますと北口議員に事情を聞きたいと申し入れたものの応じてもらえなかったということです。
.
RKK熊本放送

引用ここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「議員の権限を逸脱」北口議員に対し監査が指摘 外来魚問題関連情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる